1. ホーム
  2. 3月
  3. 五節句のひとつ。上巳の節句(雛祭り)とは?

上巳の節句は五節句のひとつで、桃の花が咲く時期と重なることから桃の節句とも呼ばれます。雛祭りとして女の子の成長を祝う節句です。

3月3日は上巳の節句(雛祭り)

上巳の節句である3月3日は雛祭りとして女の子の成長を祝う日です。3月の最初の巳の日を上巳といい、この日は災厄に見舞われやすい日とされていました。

古代の日本では自分にふりかかる災いを人形(ひとがた)にたくして川に流し、災厄を払う「流し雛」風習がありました。それがやがて雛人形を飾って女の子の厄除けと成長を祝う行事に発展していきました。

流し雛

人の形をした紙などで作られた人形(ひとがた)で体をなで、その人形を川に流すことで穢れを祓う風習がありました。雛祭りのもとになったこの風習は、現在でも各地に残っています。

雛人形の飾り方、しまい方

雛人形は早く飾って早くしまうのがよいとされています。立春から雛祭りの1週間前ぐらいまでには飾り、3月3日の翌日もしくは出来るだけ早くしまいます。片付けが遅くなると娘の嫁入りが遅れるという言い伝えもあります。

雛人形を飾る場所は家族が集まりやすいリビングがおすすめです。ただし、人形が日焼けするのを防ぐため、直射日光が当たらない所に飾りましょう。

緋毛せんは下段から敷くのがベスト

段飾りでは、「緋毛せん」という赤い布を敷きます。一番下の段から床につく布の位置を決めて、上に向かって敷いていくのがきれいに敷くポイントです。

上の段から敷いていくと、一番下の段で布を中途半端に余らせる可能性があるので注意しましょう。

飾る順番は中心に置くものから配置していくと全体のバランスが○

まずは中心の位置を決めて、それから両隣へ順に等間隔で置いていくと全体のバランスがよくなります。

重箱、タンスなどの嫁入り道具類の配置に特別な決まりはありません。

人形をしまうときは、羽根ブラシなどでほこりを払い、箱には防虫剤を

人形をしまう際は羽根ブラシなどでほこりを落としますが、顔にはほとんど汚れがつかないので着物を払うだけで十分です。汚れた羽根がつかないように顔にはなるべく羽先がつかないようにしましょう。

箱に戻すときは人形を薄い紙などで固定させ、防虫剤を一緒に入れておくとよいでしょう。

また、飾る時も、しまう時も綿素材の手袋をつけた方がよりいいでしょう。

雛人形七段飾りの名称

内裏雛[1段目]:男女一対の人形
三人官女[2段目]:宮廷の三人の女官
五人ばやし[3段目]:能の演奏者。向って右から謡、笛、小鼓、大鼓、太鼓の順番
随臣[4段目]:向って右が左大臣(老人)、左が右大臣(若者)
仕丁[5段目]:笑った顔、泣いた顔、起こった顔から、三人上戸とも
御道具[6・7段目]

雛人形に供える品

菱餅

上から赤、白、緑の三色を重ねた菱形の餅。菱餅の3色にそれぞれ意味があり、解毒作用のあるクチナシで色をつけた赤い餅は桃の花を、血圧を下げる効果がある菱の実が入っている白い餅は残雪を、厄払いの力があるヨモギを使った緑の餅は新緑を表現しています。

この3色を重ねることで春の情景を表しています。

雛あられ

もち米を蒸して乾燥させ、炒って作る雛あられは、菱餅から転じたものといわれています。

関東では甘い味ですが、関西ではしょっぱい味があり地域によって味に違いがあります。

白酒

とろっとした口当たりの甘い白酒は江戸時代から雛祭りに供えられるようになったといわれています。体を清め邪気を祓うとされています。

蛤は夫婦円満の証

蛤は対の貝殻同士でないとぴったり合わないことから、夫婦円満や貞操の象徴とされ、雛祭りに蛤を食する習慣がうまれました。

初節句

生まれて初めての節句を初節句といい、女の子は3月3日の桃の節句に雛人形を飾りお祝いをします。母方の実家が雛人形を贈る習慣がありましたが、最近はあまりこだわらなくなりました。

蛤のお吸い物のレシピ

雛祭りのお祝いで定番の蛤のお吸い物のレシピを紹介します。ひとつの貝にふたつの身をのせるのが盛り付けのポイントです。

材料(4人分)

蛤:8個
だし昆布:5センチ角1枚
水:4カップ
塩:少々
酒:少々
薄口しょうゆ:少々
三つ葉又は菜の花:少々

1.蛤は食塩水につけて砂出しをしたら、貝をこすり合わせるようにしてよく洗う。
2.鍋に水と昆布、蛤を入れ、煮立つ直前に昆布を取り出す。
3.貝が開いたら、アクを取り、身が固くなるので貝を取り出す。酒、塩、薄口しょうゆで味を調える。
4.お椀に、開いたひとつの貝にふたつの身を入れて盛り付け、汁を注ぎ、三つ葉または菜の花を飾る。

おわりに

上巳の節句は五節句のひとつで、雛祭りとして女の子の成長を祝う行事になっています。こどもの成長と健康を祝う大切な行事は家族みんなでお祝いしたいですね。